木工家具作りのページ


    木工品は、平成14年に店舗兼用住宅を建てた後、木製家具の価格を調べていました、
    山奥にある家具屋さんを見つけ社長と懇意になり、家具屋さんの機械器具を使用さ
    せて頂ける事になり、原価にて原料を譲っていただき、色々な方に教えていただき
    作ってみました。ある時、社長さんに、庭に両サイドに目隠しの有るいすを置き、
    お茶を飲みたいと話した時、それは茶室だなと言っていました、私は椅子ひとつの
    お茶室ですかと言うと、お茶の飲むところはお茶室だなと言っていました、
    それなら一坪の小屋を建てたら立派なお茶室ですねーと話していました、
    家具屋さんで利用しないと思われる材料を安価に譲り受けお茶室も庭に作って
    見ましたので、一見下さい。


     初めて製作したテーブル  天板は欅 140cm×80cm厚み12cm足は松の三日月形です
                      長いすも同じ材料で作りました
                   

    違い棚 です、知り合いの大工さんが切れ端を保存していたのを、棚の腕に載せてあります
    高さ140センチ幅120センチです、材料は上、下の板は栃、中二枚は欅、柱腕はブビンガです。
                     
 

    梯子棚 です、梯子の部分は製作中に寸法間違いで償却処分になる物を頂きました、板は一位です
    高さ2m幅2mです、後ろの壁にビス止めして転倒しないようにしています。梯子はブビンガです。
             

  
    一位のテレビ台 幅1.8mです、一位の原木を製材して作りました。
    隣は、酒台を作っている時に、人型が現れ衝立に変更しました。
             


     栃の衝立  幅60センチ 燃える炎のように見える木目が珍しい瘤の輪切りです。
             


   欅の花台です、穴が大きいので格子で埋めました。
            

 
    庭に作った一坪の茶室です、完全には完成していません、壁はこまいを編んで山から取ってきた赤土を
    粗壁にしました。釘は使わないように、くさびで固定しています。 内部は又掲載します
              



     趣味に戻る       茶室写真と修理